CHECK

振袖のレンタルのセット内容について

振袖のレンタルのセット内容について

華やかな振袖は人生の記念日を美しく彩ってくれます。レンタルだといろいろな柄から選ぶことができるので見ているだけで楽しくなりますが、実際に振袖をレンタルするときはなにを貸し出してもらえるのかセット内容が分からないという人もいるのではないでしょうか。一般的にレンタルでのセット内容は直接肌に触れるもの以外だと考えておくと良いです。具体的には振袖と長襦袢、帯と帯揚げ・帯締め、草履やバッグと着付けに必要な小物類です。長襦袢とは着物を汚れから守るために着物の下に着るもので、帯揚げは着物と帯の間にふんわり結び胸元を飾るもの、帯締めは帯が乱れないように固定して着物姿を引き締めます。草履やバッグもそろっているので自分で用意するものはほとんどありませんが、一般的には長襦袢の下に付ける肌襦袢や裾よけ、補正用のタオルや足袋など直接肌に触れるものは自分で準備します。ショップによっては用意するものは補正用のタオルだけというところもあるのでレンタルするときは確認しましょう。

振袖を着るために用意しなければいけないもの

振袖は洋服のようにそれだけあれば良いというものではありません。用意しなければいけないものがいくつかあります。それは振袖の下に着る「長襦袢」で、これは外からはあまり見えないのですが、襟元と袖の部分から少し見えます。「半衿」は長襦袢に取り付ける襟のことで、これによって着物の印象が変わる重要なアイテムです。帯には用途によっていろいろな種類がありますが、フォーマルな場では「袋帯」という格式の高いものを使用します。「重衿」や「伊達衿」も必要で、これは振袖と長襦袢の間に入る飾り衿です。「帯締」は帯の真ん中に入っている紐状のもののことで、昔は平らなものが主流でしたが、現在では飾りがあって色鮮やかなものも登場しています。「帯揚」帯の上につける飾りで、帯を支えるための枕を包んで隠すという仕事もあります。鹿の子絞りや色がはっきりとしたちりめんに加え、近年レース等の印象や素材感の違うものも使われています。

振袖に関する情報サイト
振袖レンタルで気をつけたい事

当サイトでは成人式で振袖をレンタルしたい場合に役立つ情報を紹介しています。気をつけたい事と確認しておきたいポイントなどを徹底解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。借りる時の予算についても解説していますので、どのくらいの費用が掛かるのか知りたい場合に役立ちます。また貸し出しサービスで用意されている、セット内容についても解説しています。自分に合ったプランを利用して素敵な成人の日を迎えましょう。

Search