CHECK

成人式で振袖をレンタルしよう!気をつけたい事と確認しておきたいポイントなどを徹底解説

当サイトでは成人式で振袖をレンタルしたい場合に役立つ情報を紹介しています。
気をつけたい事と確認しておきたいポイントなどを徹底解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
借りる時の予算についても解説していますので、どのくらいの費用が掛かるのか知りたい場合に役立ちます。
また貸し出しサービスで用意されている、セット内容についても解説しています。
自分に合ったプランを利用して素敵な成人の日を迎えましょう。

成人式で振袖をレンタルしよう!気をつけたい事と確認しておきたいポイントなどを徹底解説

振袖をレンタルして成人式に出ようと考えている人は多いのではないでしょうか。
振袖のレンタルを利用するときには、料金やサービス内容をよく確認することをお勧めします。
なぜなら成人式シーズンとそれ以外の時期では、プラン内容や価格が異なっていることもあるからです。
また借りる振袖を選ぶときには柄やデザインだけでなく、サイズもチェックしておくことが大切です。
体型に合っていなかった場合、ベストな着方ができないことも考えられます。

成人式でなぜ振袖を着るのか?レンタルをして着る意味について

成人式に振袖を着る人は多くいますが、着る意味を知っている方は少ないのではないでしょうか?成人式は人生の節目となる大切な儀式です。
そのため成人式には未婚女性の第一正装である振袖を着るようになりました。
また、振袖の振るという言葉には、厄を払うという意味があります。
成人する門出を祝って、厄を払い幸せになるようにとの気持ちも込められているのです。
さらに、成人式で普段と違う装いをすることで、大人になったことへの自覚を芽生えさせることもできるためです。
このような理由だけでなく、成長した姿を親や兄弟など周りの人に見せるために着ることもあります。
美しい晴れ着姿を見せて、今まで支えてくれた人たちに感謝の気持ちを伝えるのです。
他には、本人も成人の思い出として着たい方も多いでしょう。
購入するのに比べて値段を抑えられるレンタルなら挑戦しやすいはずです。
成人式に振袖を着る理由はさまざまですが、一生に一度のことなので後悔のないようにしましょう。

レンタルできる振袖とはどんな着物なのか

何となくイメージとして分かってはいるけれど、振袖は具体的にどういう着物なのか良く分からないという人は多いのではないでしょうか。
現代において振袖は成人式や卒業式、謝恩会などで若い女性が身に着けることが多くあります。
また結婚式や結納などでも女性が着用することが少なくありません。
そのような振袖は、未婚女性にとっての正装の1つです。
江戸時代の中頃以降、未婚の女性に着られるようになったといいます。
他の着物と見分ける際にポイントとなるのは袖の長さです。
他と比較すると、袖が長いのが特徴となっています。
最も長い袖タイプのものではおよそ114センチほどもあり、婚礼衣装として用いられています。
成人式で使われるものは袖の長さが100センチほどのタイプです。
それより短いおよそ85センチほどの袖のものは袴と合わせて卒業式に着用したりすることが多くあります。
レンタルで借りるときは用途に合ったタイプを選ぶことが大切です。

振袖をレンタルしに行く時期について

振袖をレンタルしに行く時期に明確なルールはありませんが、成人式など多くの人がレンタルするような場合は、できるだけ早く予約をしておくのが良いでしょう。
成人式用の振袖のレンタルは、高校3年生の夏ごろから予約することができます。
この時期は新作が入荷するため、選択肢も豊富です。
また、新しい振袖を着られるというメリットもあります。
しかし、一般的には高校卒業のタイミングで予約を入れる人が多いようです。
そのため、気に入ったデザインのものを借りたい場合は、予約が解禁したらすぐに行動を開始するのが良いでしょう。
早すぎるぐらいが丁度よいのです。
成人式ギリギリになってもレンタルすることは可能ですが、丁度良い時間に着付けの予約が入れられない場合もあります。
特に着付けがセットになっている場合は、良い枠は全て取られている可能性があります。
可愛い振袖をレンタルしたいなら、他の人が動く前にゲットしておくことが大事です。

振袖をレンタルする店選びについて

成人式や会食、結婚式の披露宴用などに振袖をレンタルするなら、店選びも重要なポイントです。
店によって置いてある衣装の種類や数に差があるし、サービス内容も異なるからです。
着物をふだん着る機会がなくて小物類を持っていない人の場合は、できる限り「手ぶら」で行くだけでOKという店を選ぶと安心です。
肌に触れる肌着や足袋は自分で用意するのが基本ですが、それ以外に必ず使う腰紐や草履やバッグなども、借りられるほうが便利です。
これらを自分で買わねばならない店もありますが、1回しか使う機会がないともったいないからです。
振袖は帯も普通の着付けとは違って華やかな結び方がいろいろあるので、打ち合わせのときに相談してみるといいでしょう。
成人式当日に着るなら、その店で着付けやヘアメイクをしてもらえるかどうかも確認してみてください。
当日は大勢の新成人が着付けをするので、美容院などを予約するのは大変です。
手ぶらでレンタル店に行き、着物を着せてくれてヘアメイクまでやってくれるところなら、とても便利です。

レンタルの振袖における小物のコーディネートについて

成人式に振袖をレンタルして、家族などで記念写真を撮ったり成人式に参列しようと考えている新成人は多いでしょう。振袖をレンタルするとき、小物類はどのようにコーディネートすればよいのか紹介します。レンタルで着物を借りる場合は、バッグや帯揚げや帯締めなどの小物も一緒に貸してくれるお店もあります。一方で、肌に直接触れる肌着や足袋、外を歩いて汚れる草履などは自分で用意する店が多く、髪飾りも自分で購入するケースもあります。小物類は着物に合わせて用意したいので、打ち合わせで衣装を決める時にそれに見合ったものを選ぶと安心です。レンタル衣裳店で草履やバッグや髪飾りを販売していることも多いけれど、もっと多くの小物を見て自分で選びたいかもしれません。そんなときは衣装合わせの時に簡単に着物と帯を着せてもらい、正面だけでなく横や後ろからの姿も写真に撮っておきましょう。そしてその色味や雰囲気に合わせて、ほかのお店で小物を選べばOKです。早めにレンタルを決めると、草履やバッグや髪飾りをプレゼントしてくれる店もあります。

レンタルの振袖に合わせる帯選びのポイントについて

振袖を着るときに帯は欠かせませんが、振袖をおしゃれに着こなすには帯選びがポイントになります。初めて振袖を着るのでどのようにコーディネートすればよいのかよく分からないという人もいるかもしれませんが、色選びのポイントを知っておくと役に立ちます。まず帯の種類ですが裏地に模様がない袋帯を選びます。フォーマルな帯のひとつで結びやすいのが特徴です。帯の色選びですが、基本的には着物と同系色の帯を選びます。地色が明るい着物には白・金色を、暗い色には青や紫など濃い色を選びます。明るい色に暗い色の帯を合わせる、またこの逆の組み合わせにすると上下が分断された印象になるので注意します。優しい地色の着物には金色の帯を選べば華やかな印象になります。帯選びのもうひとつのポイントは柄です。柄は実際に結んだときにどのくらい柄が出るかが大切です。定番の柄のひとつにお太鼓柄といわれるものがあり太鼓結びをしたときに腹と垂れる部分に柄がでますが、体型によってはでない場合があるので試着が大切です。全通柄は全体に柄の入った帯のことです。シンプルな着物に合わせると華やかになりますし、いろいろな結び方を楽しめるのが特徴です。六通柄は全体の6割に柄が入っており結んだときに腹の部分にはなく垂れの部分には柄がでます。どんな振袖にも合わせやすいです。

レンタルの振袖を着る時に気をつけるポイント

成人式や親族の結婚式に参加する時に、未婚の女性が正装として着用する振袖ですが、多くの女性は購入ではなく振袖レンタルを利用しています。レンタルサービスでは着物の貸し出しに加えて、着付けやヘアメイクまで全て行ってくれる場合が多く、このお店にいけば着付け技術がない人でも綺麗に仕上げてもらえるので非常に便利です。ただしレンタルの振袖を着る時に気をつけなければ行けないのが、外出先での着崩れの対処です。着物に慣れていない人はつい洋服と同じような動作をしがちで、長い裾を汚してしまったり着崩れを起こしやすくなります。着付けの技術がある人ならすぐに手直しをすることも可能ですが、初心者の場合は着崩れないように正しい立ち方とあるき方を身につけましょう。例えば振袖を着用している時には、姿勢が肝心とされ両足を綺麗に揃えて片足重心やがに股は避け、歩く時には小又で少しずつ歩くことがポイントです。座り方は帯が潰れないように椅子は浅く腰掛け、袖はシワにならないように膝の上に重ねることが大切です。腕を上げる時には、袖口が手首あたりにあるように片方の手で袖を軽く押さえながら腕を上げることが重要です。

振袖をレンタルした後のアフターフォローについて

成人式など晴れの日には華やかな振袖を着用したいと考える方は多く、豊富な種類の着物の中から選ぶことが可能な振袖レンタルサービスを利用する方が増えています。振袖や小物はレンタルするのみで、着付けなどは別に行なう場所を探さなければいけないというイメージをお持ちの方は多いですが、お店によってはレンタル後のアフターフォローが万全なサービスも用意されます。まずレンタル後にプロのスタッフによる着付けから、着物にぴったりなヘアメイクを全てお任せすることができるサービスは、着物を色々な場所に持ち運ぶ手間が一切かからないので、1つのお店で着付けからヘアメイクまで全て完了できる手軽さが人気の理由となっています。そしてプランによっては施設内でプロのカメラマンによる撮影が写真として残しておくことができます。そして着用時に万が一着物を汚してしまった場合でも、アフターフォローとしてクリーニングなど全て対応してもらえるので、借りた側が特別にクリーニングなどを行なう必要がなくそのまま返却するだけで良い場合が多いです。お店によっては次回利用時に振袖レンタル料金が割引になるといった、特典が受けられることもあるので、お店によって受けられるサービス内容をチェックしましょう。

振袖をレンタルできる期間について

成人式に着る振袖をレンタルする方も多いのではないでしょうか。成人式の日はバタバタしがちなので、あらかじめレンタルできる期間をチェックしておくことが大切です。振袖のレンタルには、店舗と宅配の2つの方法があります。店舗は1泊2日と定められているところが多く、成人式当日に着付けをしてもらい翌日返却するスタイルが基本となります。店舗の営業時間内に返却の必要があるので、営業時間も確認しておくと安心です。1泊以上のレンタルが可能な店舗もあるので、長期間借りたい場合は相談してみると良いでしょう。近くに店舗がないという方は宅配が便利です。宅配の場合は3泊4日のところが多いようです。成人式の2日前に振袖が届き、式の翌日に返却するスタイルになります。4日目に到着ではなく配送すればいいのですが、受付時間帯によっては翌日の配送になることもあるので注意が必要です。どちらの方法も期日を過ぎると延滞料金がかかるので、しっかりとチェックしたいものです。

振袖に関する情報サイト
振袖レンタルで気をつけたい事

当サイトでは成人式で振袖をレンタルしたい場合に役立つ情報を紹介しています。気をつけたい事と確認しておきたいポイントなどを徹底解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。借りる時の予算についても解説していますので、どのくらいの費用が掛かるのか知りたい場合に役立ちます。また貸し出しサービスで用意されている、セット内容についても解説しています。自分に合ったプランを利用して素敵な成人の日を迎えましょう。

Search